今すぐセックスしたい!sexできるサイト・アプリ・掲示板

「なんか今日ムラムラするなー」とか
「素敵な恋人をつくって愛のあるエッチがしたい!」と思う時がありますよね。

そんな時、「どういうセックスがしたいのか」によって、アプローチの仕方は異なります。

なので、これから「したいセックスのタイプ別」にその方法をご紹介していきたいと思います。

筆者は、恋人との愛情たっぷりセックスや、後腐れないワンナイトラブなど、これまでに100人を超える女性と様々な形のセックスをしてきたので信頼できる情報だと確信しています。

これを読むだけで、「したいセックス」を確実に達成できる方法がわかり、満ち足りた日々を過ごすことができますよ。

セックスしたい心理別!7つのsexの方法

セックスしたいと一言でいっても、その言葉の背景にはそれぞれ異なる思いが隠れています。

まずは大まかにその思いを3つに分類してみましょう。

  • 誰でもいいから今すぐセックスしたい
  • 時間をかけて相手との関係を築き、愛のあるセックスがしたい
  • お互いの性癖を知り尽くしたセフレと長期的にセックスを楽しみたい

これらの目的に応じて、アプローチ方法は大きく異なります。

ではまず、セックスへとつながる7つの方法について詳細にご説明してまいります。

恋人をつくる

セックスの正攻法は、言うまでもなく特定の恋人をつくり、セックスで愛をはぐくむことです。

愛する人とのセックスは、身体的な快楽のみならず、精神的な満足感、幸福感に満ち溢れます。

しかし、イケメンや金持ちなどの一部ハイスペックを除き、恋人は次々にできるものではありません。

かといって、セックスのために誰でもいいから付き合おうというのは相手に失礼極まりないですし、自分自身もあまり満たされません。

恋人ができるというのは、たまたま恋人のいないタイミング同士の2人が出会い、たくさんの人の中からお互いを好きになるという果てしない奇跡なので、いつになったらたどり着くのか、そもそも達成できるかどうか見込みがありません。

メリット デメリット
愛情たっぷりの精神的な充足感の高いセックスができる 即セックスはできない。複数人の相手とセックスできない。

おすすめする人
どんな困難があってもやはり愛のないセックスは嫌だ!という方は、必死で恋人をつくるしかありません。セックスはたった一人の最愛のパートナーとしかできないという誠実な方は迷わずこの方法です。

一度愛のあるセックスの幸福を知った方は、愛のないセックスなどなんと虚しいことかと思うでしょう。

元カレ・元カノ・元嫁などに連絡する

「どこでセフレを見つけたか?」という質問の回答で、最も多いのが「元カレ・元カノ」などの以前関係を持っていた相手とのつながりです。

別れてからも飲みに行ったりできるような、良い別れ方をした相手であれば、最高のセフレになってくれる可能性もあります。

相談があると言って飲みに誘う、家でDVD一緒にみようと誘ってみるなど、きっかけをつくる方法はいくらでもあります。

ただ、上手にセックスの流れまでもっていけずに、性欲モンスターのキモイ元カレ・元カノという最悪の印象を残して関係が破綻してしまうケースも多々ありますのでくれぐれもご注意ください。

メリット デメリット
お互いの体を知り尽くしているため、純粋にセックスを楽しめる。関係の浅い人には頼めないような恥ずかしいプレイもできる 断られた場合、別れたくせに最低と悪い噂を流される可能性あり。だらだら関係を続けると新しい恋人ができにくい

おすすめする人
元恋人への未練が完全に断ち切れている人に限ります。まだ相手への思いがくすぶっているのに、下手にセックスだけしてしまうと、私/俺のことは都合のいい遊び相手としか思っていないんだなと受け取られ、ヨリを戻すことは永遠に不可能になってしまうからです。

【参考】疎遠になってしまった元恋人に再アプローチする方法

今まで付き合った人とは全員連絡を断ってしまって、現在はつながりがないという人でも問題ありません。

あまり深く考えずにさらっと連絡してみましょう。

「久しぶり!最近どうー?元気にしてる?」

既読スルーされたらされたで気にすることもありません。「久しぶり!元気だよー!〇〇くんは?」などと普通に返事が来たらこっちのものです。

お互いの近況などをやり取りした後、「久しぶりに飲もうよー!」と気軽に誘ってみてください。

相手に現在新しい恋人がおらず、寂しそうにしていたらチャンスです。上手にセックスに誘いましょう。

街コンに参加してみる

街コンのメリットは出会いを求めている複数人の相手と対面で一気にたくさん出会えることです。

友達や会社の同僚などと複数人で参加している人が多いですが、中には「お一人様限定」の婚活パーティーもありますのでご安心ください。

ほとんどの婚活パーティーでは、はじめに全員と一対一で話す機会が設けられます。そこでたとえ顔面偏差値が高くなくても、雰囲気おしゃれを演出し、トーク力を駆使すれば、晴れて恋人をゲットできる可能性もあります。

ただ、どれほど大規模な街コンであっても、1回で連絡先を交換できる相手は多くても5〜6人程度です。本気で好きになれる人と出会いたいのであれば、複数回参加して分母を増やしていきましょう。

また、ほとんども街コンでは男女ともにコストがかかるため、金銭的に余裕がないと参加は難しいでしょう。女性であれば1500円〜4000円/回。男性であれば6000円〜10000円/回。このくらいを見積もっておいてください。

メリット デメリット
出会いに飢えているたくさんの異性と出会える。参加者自体が微妙でも、その人の会社の人と合コンをしてもらうなどすれば無限に可能性が広がる 出会ったその日にセックスはハードルが高い。男性はそこそこお金がかかる。真剣な恋愛、結婚をしたい人が多く、セックスという目的に直結しない

おすすめする人
「街コン」は、恋人を作って、ちゃんと愛のあるセックスをしたい方向けです。街コンで出会った人とセフレになれる可能性がないとは言い切れません。しかし、体だけの関係を目的に参加する女性は皆無であると思った方がいいです。お付き合いのかけひきの中でセックスできることはあるかもしれませんが、最初からヤリたい雰囲気を前面に押し出すのはやめましょう。

【参考】街コン情報

筆者が実際に行ってみて、皆さんにもぜひおすすめしたいと思った街コンについてまとめてみました。

「オススメの街コン|探し方と選び方の全知識」

友達に声をかけるのも恥ずかしいので、一人で参加したいという方におすすめしたいのは『Rooters』です。

『Rooters』はお1人様の参加者が多数おり、1人でも全く浮かないよう配慮してある素晴らしい街コンでした。

さらにうれしいのは、人見知りの方でも安心な点です。スタッフが席替えや連絡先交換をうまくアシストしてくれるため、自然とたくさんの異性とコミュニケーションがとれ、成果が出やすいと感じました。

出会い系アプリ・サイトで探す

出会い系アプリの特徴は、男女問わずセックス目的で利用している人が多いという事です。

同じ目的をもった男女が1つのアプリで1万人以上も出会いを求めて利用しているため、最短でセックスに直結しやすいと言えます。

また、他の出会いの場である「ナンパ」や「クラブ」では、イケメンであることやトーク力があることが武器になります。それらに対し、出会い系アプリは「信頼」や「安心」が最大の強みになります。

よって、こまめに連絡をして信頼関係を築くことや、職業などの社会的地位を明らかにし、相手に安心感を与えることを怠らなければ、フツメンの皆さんでも十分に勝負できるのが嬉しいポイントです。

しかし、恋愛に不慣れな男性を狙って、業者やサクラの女性が近寄ってくる可能性もありますので、警戒心は忘れずに持つようにしましょう。

ちなみに出会い系で異性1人に出会うまでにかかるコストとして、参考までに筆者と友人のデータをもとに平均費用を割り出してみました。基本的に女性は0円(サイトによっては月額料金が必要なケースもある)で出会えて、男性は月額2000~5000円程度で出会えると概算。

出会い系に不慣れな初心者男性の場合はもう少々お金がかかるかと思いますが、コツを掴んで根気よく続けられれば誰でも異性に出会えるということは言えるでしょう。

メリット デメリット
割り切って体目当ての関係を求めるユーザーが多い。人数が圧倒的に豊富。サイトによっては、10,000人以上の中から選べるので理想の相手と巡り合える確率が高い。お互い合意の上即セックスすることも可 相手とマッチしてから実際に出会うまでには、毎日地道に活動する根気がいる。中には業者やサクラも混じっているので、男性は騙されない様注意が必要

おすすめする人
「出会い系アプリ」は、体目的の出会いを求める方、セフレを作りたい方におすすめです。

出会い系アプリで真剣な恋人探しをしている人もいますが、そういう仮面をつけた体目当てのユーザーも交ざっていますので、純粋な気持ちで恋人との愛のあるセックスを望む人にはあまりおすすめできません。

とりあえず今夜の性欲を満たしたいだけの人、面倒くさくないセフレが欲しいという人には最適なツールです。

【参考】セフレ探しにおすすめの出会い系

やはりセフレ探しには「PCMAX」が1番最適です。

累計会員数は1000万人を超える国内最大規模の出会い系です。筆者はほとんどの人気出会い系サイト・アプリを試してきましたが、PCMAXを超える出会い系には未だに巡り合えません。

実績として、筆者はPCMAXで出会った女性のうち計12名とセックスができました。さらに、22歳Fカップのモデル系美人女子大生とは、セフレという関係で現在も定期的に会って濃密なエッチを楽しんでいます。

以前は「出会い系」と聞くと金銭トラブルなどに巻き込まれるような悪い印象をお持ちの方が多かったと思います。しかし現在では、「身分証を使った年齢確認の徹底」や「運営会社による24時間365日サポート体制」などの体制が整っており、安心してご利用いただけます。

とはいえ、男性は出会い系で理想の相手と出会うためにはいくつかのポイントを押さえなければなりません。この点についても参考記事を後日リリース予定です。

セックスまでの最短ルート「風俗」に行く

「とりあえず今すぐセックスしたい!」という欲求を、お金さえ払えば確実に満たしてくれる風俗の存在はありがたいですね。

しかし、風俗嬢によって、スタイル、可愛さ、サービス内容に波があり、期待値通りの快楽を得られるとは限りません。

当然、高級風俗店に足を運んだ方が地雷嬢を引き当てる可能性はグッとさがります。しかしながら保証はできません。

どんな風俗嬢であれ、ヌイてもらった直後は物理的にスッキリするかもしれませんが、心が渇いたままなので、また翌日になれば「誰かとセックスしたい!」という悶々とした思いが再びわきあがってくることでしょう。

平均価格に関しては、1回あたり15000円〜50000円に収まるイメージです。

メリット デメリット
今すぐ、確実にセックスできる 風俗嬢の質にムラがある、性欲はおさまってもどこか虚しい。かなりお金がかかる。

おすすめする人
「風俗」は誰でもいいからとりあえず即セックスしたい男性にはおすすめです。当然ですが、風俗嬢をセフレにできることはまずありえません。

筆者はこれまでに11人の風俗嬢と連絡先交換まではこぎつけましたが、プライベートでデートしてくれた子や、セックスしてくれた子は1人もいませんでした。単なる営業のための連絡先交換なので、勘違いしないようにしましょう。

どうしても風俗嬢とセフレになりたいのであれば、業務外で風俗嬢と出会う以外に方法はありません。方法としては、自分がホストになるか、ナンパで偶然出会うとかかなり確率は低いので、覚悟してがんばってください。

ハプニングバーに行く

ハプニングバーにはまだ見ぬ最高にエッチな出会いが転がっているかもしれません。

ハプニングバーとは、人には言えないような性的欲求を持った大人が集まるバー。一見するとバーカウンターとソファ席が設えてある普通のお店だが、奥の部屋にコスプレ、SM道具、拘束器具をはじめとして、個室やシャワー室までセックスに関するあらゆるものが完備されています。

出会った相手と凄まじくエロいセックスができたり、赤の他人のセックスを間近に見れたりすることがあります。

女性は格安価格で入店可能です。さらに女性は男性のオファーを断る権利がありますが男性側には断る権利はありません。このように女性に有利なサービス形態になっているお店がほとんどです。(※お店によって異なります。)

いかにもモテない感じの見た目の人や中年の方などが多いですが、ラッキーな人はド変態イケメンや美しい痴女とも出会えるかもしれません。

どのお店も男性比率が高く、女性の競争率は高いことに加え、最悪な場合おじさんだらけということもありますのでご承知おきください。

初心者の方はまずは人気店を攻めてみることをおすすめします。ディープなお店をいきなり狙っても、何もできずに帰ってしまうのがオチです。

利用料金に関して、女性は無料〜10000円程度。男性は15000円〜20000円程度です。

メリット デメリット
誰でもよければ即セックスできるチャンスがある。その場限りの関係なので、普段なかなかできない変態プレイを楽しむことができる セックスできるかは運次第というところもある。勇気がない人はお金を払って何もできずに帰る羽目になることも

おすすめする人
「ハプニングバー」は一夜限りの濃厚なセックスしたい方、性癖の好みが一致するセフレを作りたい方に向いています。

ハプニングバーに集まる人は皆、単刀直入にセックスことをすることを目的としているので、誰でもいいのであればその場でセックスできる可能性は高いです。

セフレを作れる可能性もないことはないですが、ハプニングバーに来る方は、様々な相手といろんなプレイをしたいという好奇心の強い人が多いので、安定したセフレ関係を結ぶのには適していません。

クラブなどでナンパする

クラブは顔面偏差値の高い人は高確率でセックスができる出会いの場です。声をかけてラブホに連れて行けばセックスができます。さらに言えば、クラブに来る女性は自分に自信がある人が多いので、ハイレベルな中から選び放題というパラダイスです。

反対に、ブスは全く相手にされません。音楽やお酒を楽しんだフリをして、悲しく退散して終了となります。

クラブは照明が暗いので、男性は雰囲気がまあまあイケていれば、お持ち帰り可能です。しかし、クラブ慣れしていないといくらイケメンでも難しく、声のかけ方や音楽へのノリ方など初心者にはよくわからないクラブ特有の文化が存在します。

自分はイケメンだと思える方は、最初はクラブで遊びなれている友達に連れて行ってもらい、お持ち帰り成功できるようがんばってみてください。

コストに関して、女性なら1回あたり0〜1000円、男性なら2000〜3000円程度です。

メリット デメリット
自分のルックスに自信があるのであればセックスまで持っていける成功率は高い。入場料とお酒代だけで換算すると低コスト 逆説的だが、ルックスに自信がある人以外はセックスできない。ナンパに慣れていないスキル不足で厳しい

おすすめする人
以上をふまえ、「クラブ」は次のようにおすすめします。「軽いノリでワンナイトを楽しみたいイケメンと美女」や「チャラいイケメンに抱かれたい女性」。とにかく顔が良ければコスパ最高セックスができます。定期的にセックスをするようなセフレ作りに関しては、男性はクラブで見つけることは難しいと思っていてください。理由としては、ヤリ目でクラブにくるような女性は、複数のイケメン男性とのめくるめくセックスやかけひきを楽しみたいだけだからです。1回やってしまえば、初めての関係特有のスリルやドキドキはなくなりますので用済みです。

セックスしたいあなたにおすすめ方法はこちら!

ここまでセックスするための様々な方法をお話してきました。その情報を総括すると以下のようになります。

今すぐセックスがしたい!

  • 「出会い系に登録」
  • 「風俗に行く」(※男性限定)
  • 「クラブに行く」(※イケメンと美女限定)

とりあえず誰でもいいから今夜セックスしたい方は、顔や性別に関係なく使えるので、「出会い系」が1番おすすめです。

自分が若くてイケメン、または美女であるという自覚があるのであれば「クラブ」もいいでしょう。平日は人が少ないので、週末の夜に行ってみてください。

愛情を感じられるセックスがしたいなら!

  • 「彼氏・彼女をつくる」
  • 「街コンに行く」

愛情たっぷりのセックスは、恋愛関係か夫婦関係が基本となります。

最近はマッチングアプリで恋人探しをするのが流行っていますが、「街コン」も対面式で相手を見極めることができるのでおすすめです。

セフレが欲しいなら!

  • 「出会い系に登録」
  • 「元カレ・元カノに連絡」

特に出会い系はセフレ探しをしている人が多いので利用してみる価値ありです!

「元カレ・元カノ」に久しぶりに連絡してみるのもありですが、お互いの関係が修復不可能なまでに壊れてしまう恐れもあるので十分リスクヘッジを行ってくださいね。